バイトを探して色々なところに面接に行っていたときに思ったことです。飲食店に面接に行った際、事前に電話で面接の日時を決めて、履歴書を持って面接を受けたとき「あー学生さんなんだ、主婦がいいんだよね」と言われたことがあり、理由を聞くと「就職とかいって辞めそうだから」だそうです。

主婦の方希望なら募集の時点で明記していて欲しかったし、それが無理なら電話の時点で言ってくださいよ、と思いました。クリーニング屋さんに行ったときも「主婦がいい」と言われました。わたしの服装がちょっとチャラついていた(ギャルではないけれど古着ばかり着ていました)から遠回しに「落ち着いた人がよかった」ということだったのかもしれませんが一旦どうにか結婚して、履歴書の備考欄に「主婦」と書いて持っていけば採用してくれたのでしょうか。

大手のアパレル企業のアルバイト枠に面接に行ったときも、外資系だけれども英語ができなくても大丈夫!むしろ英語を少しづつ覚えられます!と求人に書いてありそれを真に受け集団面接に参加し、わたし以外の人々の「海外に留学経験があるのでそれを生かして御社に貢献できる自信があります!」率がすごく高く、はるばる少し遠い本社にまで行った交通費だけ消費し、お金が必要だからバイトをしたいのに面接にもお金がかかって大変でした。

色々な人材を求めて間口を広く設けているのかもしれませんが、ある程度の企業なのだから応募数などもそれなりにあるでしょうし、「英語ができた方が好ましい」くらい書いておいてくれたら・・・。やたらと「気軽感」を出しすぎると、向こうの選ぶ労力、こちらの出向く労力に無駄がありすぎる気がするので、もう少し欲しい人材を事前に絞って欲しいと感じました。