転職に対する考え

昔は同じ仕事を定年まで続けることが良しとされていました。仕事を途中でやめるということが、悪いことであるとさえ言われていた家庭もあるようです。責任感がないから仕事をすぐ辞めていくと勝手に理解する人さえ、昔の人には多いですからね。要は昔の人は頭が固いんです。

若者はゆとり教育で育ってるので、ある程度自由な考え方をしているのは当たり前のことです。自分に合った仕事が見つかるまで仕事を転々とする人は珍しくありません。ある種の潔さもあるのではないでしょうか。自分に合わない職場にいつまでもいてストレスを溜めるより、転職を考えたほうが効率的だと私は考えています。薬剤師の私は薬剤師転職サイトを利用して過去に何度か転職を経験しています。

年配の方も若い人たちも、育った環境によって多少考え方の違いはあるものの正反対の気質を持っているといえます。そこに阻まれて困るのが30代の中途半端世代です。後輩には『仕事が合わないから転職したい』と言われ、先輩には『有能なあの子を逃さないで』と言われ、何故か間に挟まれるのです。そこに巻き込まれる中途半端世代はたまったものではありません。ストレスの塊と化します。よって中途半端世代はストレスで体を壊して去っていくのです。転職したいと思ったら迷わずしてください。私が利用して良いと思ったのはマイナビです。

年配の人は若者と不毛な転職争いを勝手にしていただくのはいいのですが、どうぞ中途半端世代を巻き込まないようお願いします。人生は一度しかありません。もっと柔軟に考えましょう。